身体に残った傷跡はレーザー治療でキレイにしてもらおう

レディー
このエントリーをはてなブックマークに追加

肌をなめらかな状態に

医者

肉芽組織を除去

肌の表面部分が削れる程度の軽い怪我なら、目立つ傷跡が残ることはありません。しかし真皮層に達するような深い怪我の場合、膨らみのある傷跡が残ることがあります。この膨らみの正体は、肉芽と呼ばれる組織で、これは真皮層で失われた細胞の代わりに作られます。肌表面の細胞は、失われてもすぐに再生するのですが、真皮層の細胞はなかなか再生しないのです。しかしそのままでは怪我がいつまでも治らないので、そのため体は、傷を塞ぐために肉芽組織を作り出すわけです。とはいえ傷が塞がっても、膨らんでしまったのでは、結局その部分は目立ちます。ところが美容外科でのレーザー治療を受ければ、この膨らみを除去することが可能となっています。もちろんえぐれない程度に除去するので、レーザー治療後は肌はなめらかな状態になります。

水分とメラニン色素

傷跡を除去するレーザー治療には、多くの場合は炭酸ガスレーザーが使われます。炭酸ガスレーザーとは、水分が含まれている部分を蒸散させる力のあるレーザーです。肉芽組織には、膨らんでいる分多くの水分が含まれています。そのためそこに炭酸ガスレーザーを照射すると、効率良く蒸散させ、膨らみを減らしていくことができるのです。また傷跡は、肉芽組織が作られていく過程でメラニン色素が入り込むと、茶色になることもあります。この場合は、炭酸ガスレーザーで膨らみを除去した後、メラニン色素を除去するレーザー治療がおこなわれます。メラニン色素に熱を与えるルビーレーザーが使われるのですが、これによりメラニン色素は焦げて肌から排出されます。すると、その部分は本来の白さを取り戻すのです。

メイクの代わりになる方法

化粧

眉やアイラインの部分に色素を入れて、メイクの代わりにする方法をアートメイクと言います。汗やプールでも落ちる心配がないのがメリットです。メイクが似合うかどうかのセンスも必要で、大阪では信頼できる美容外科を選ぶことが重要です。

詳しくはこちら

肌の若返り

注射器

シワや目元の下のたるみをなくして肌の若返りを図りたいなら、ヒアルロン酸注入の施術がおすすめです。ヒアルロン酸注入は安全性の高い施術ですが、実際に施術を受けるときは実績のあるクリニックを選ぶようにしましょう。

詳しくはこちら

いつまでも若々しくいたい

治療

年齢を重ねるたび、ほうれい線が気になってしまうという人は少なくありません。肌に欠かせない成分でもあるヒアルロン酸を注入することで即効でつるんとした肌を手に入れることが出来るだけではなく、肌にハリや潤いをもたらしてくれるという嬉しい効果までおまけでついてきます。

詳しくはこちら